【アイデア募集の背景】

道路等の構造物を整備して年月が経過すると、隙間などから草が生えてきます。現在はそれを草刈り機により除去していますが、すぐに草が再生してしまうというのが実情です。

気持ちよく使える道路にするために、草の再生を止めることが出来ないかと考え、「除草後にパッキングする」という仮説をもって実証研究を進めているところです。

現在の維持管理作業に代わるプロトタイプを考察するため、ヒアリング審査、デモンストレーション等を実施します。

今回、皆様には、我々の仮説に沿った一連作業に必要な「素材」「機材」「技術」に関する提案、もしくは我々の仮説に代わる一連技術の提案を求めます。

【アイデア募集の概要】

アイデア募集の概要については
こちらの PDF をご確認ください。

【実証研究を踏まえた施工手順の仮説】

実証研究を踏まえた
施工手順の仮説

#1 草が生えてくる隙間をパッキングして再生防止

熱水によって地中数cmを
57℃以上に一定期間保つ

草の枯死後に残骸を焼却等して除去

シリコン樹脂等でパッキング

#2 土をなくすことで草の再生防止

熱水を散布し構造物上面
57℃以上に一定期間保つ

底面の固着力を失った土塊を人力で除去

器具を使用し、路面を清掃(洗浄or吸引)

隙間をシリコン樹脂等でパッキング

【募集するアイデア】

これまでの研究成果から想定する施工手順に基づき、以下についてアイデアを募集します。

1. 熱水等で草の根元を57℃以上に一定時間保つ工法

2. 道路構造物の隙間をパッキングする工法

3. 器具を使用し、路面を清掃(洗浄 or 吸引)する工法

4. 想定する施工手順に代わるその他の課題解決工法

【応募詳細】

こちらから応募要項をダウンロードして、ご確認ください。

01_応募要項

02_(様式1)申請書 
PDF WORD

03_(様式2)質問票 
PDF WORD

質問は、受付期間が設けられており、質問票への記入が必要となります。

詳細は、応募要項の
【8応募要項等に関する質問の受付】
をご確認ください。

【試験施工実施場所】

尼崎市船出(東海岸町沖)の臨港道路(未供用)を予定しています。

【スケジュール】

<技術情報秘匿性に配慮して非公開で実施します。>

<試験施工に先立ち経過報告と試験施工概要を公表するとともにプレスリリースします。>

【お問い合わせへの回答】

皆さまから届いたお問い合わせへの回答は順次こちらで回答させていただきます。

【応募受付期間】

8月27日(金) 〜 9月27日(月) 正午

【応募書類提出先】

コンテスト事務局

(委託先:一般財団法人建設工学研究所、株式会社kuniumi)

【お問い合わせ】

兵庫阪神南県民センター
西宮土木事務所 企画調整担当

〒662-0854 西宮市櫨塚町2-28

TEL:(0798)39-1541
FAX:(0798)34-3097

兵庫県阪神南県民センター
西宮土木事務所 企画調整担当